“ここのつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
子刻51.6%
九歳24.2%
九刻8.4%
午刻5.3%
十二時3.2%
正午2.1%
1.1%
九個1.1%
夜中1.1%
1.1%
正午刻1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おか。」とやさしく種彦は机の上に肱をついたまま此方を顧み、「おッつけもう子刻だろうに階下ではまだ寝ぬのかえ。」
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
も一人じゃなかったです。さる人に連れられて来たですが、始め家を迷って出た時は、東西もえぬ、取って九歳小児ばかり。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
九刻ごろから恐ろしいあらしの夜となった。樹々のうなり、車軸を流す地水。天を割り地を裂かんばかりに、一瞬間に閃めいては消える青白光の曲折。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「だって御新造さんは、上野の午刻の鐘が鳴るズーッと前から、ツイ今しがたまで、私と一緒にお勝手にいたんだもの」
十二時をまわってから、それがちょっと途絶えたので、香をあげようと思って立っていったが、のそとまでゆくと、部屋のなかで人々のむせび泣く声がしていた。
日本婦道記:松の花 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
馬吉には、上野の正午が鳴って、奥で笛の音がしたら、そっとお嬢さんの部屋へ入って、めるように教えておいた。
畔柳さんへ行つて、旦那が行つたか、行かないか、し行つたのなら、何頃行つて何頃帰つたか、なあに、まではきつと行きはしませんから。その様子だけ解れば、それで可いのです。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
彼は鋳鍋の柄を持って鋳込んだ弾は幾個あるだろうと思って、台の上にのせた鉛の鋳込んだ型に眼をやった。鋳込んだ型は九個であった。
猫の踊 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「ここからほんの一里半足らず、敵を討っても夜中までには帰って来られます」
そのる日、を少し廻った頃、平次の家へ
やがて上野の正午刻の鐘が鳴ると、奥の稽古部屋から、不気味な笛の音が、明るすぎるほど明るい真昼の大気に響いて、地獄の音楽のように聞えて来るのです。