“階下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
した97.5%
かいか2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちちりと眼を外らして、そのまま階下に下りていった。彼も立ち上った。室の中を一廻りくるりと歩いて、それから母の所へ行った。
子を奪う (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
死骸を見付けたのは、階下に寢てゐた息子の專之助さんで、父親がいつになく遲いので、中二階を覗いて見るとあの騷ぎでございます
それ二階三階居合せたが、階下ることの危險してまで屋外さうとする不見識行動排斥すべきである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
至極上手の女にあらざれば此おはたやをる事なければ、婦女らがこれを事、比諭階下にありて昇殿をうらやむがごとし。