“行動”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かうどう22.7%
こうどう18.2%
しうち18.2%
やりかた4.5%
モーション4.5%
うごき4.5%
おこな4.5%
おこない4.5%
こと4.5%
たちい4.5%
ふるまい4.5%
シンジョウ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
エドガーアセリングとに、きてウィリアムに面謁し、王冠げたのは當然のことです。ウィリアムの行動最初ふたものでした。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
それ二階三階居合せたが、階下ることの危險してまで屋外さうとする不見識行動排斥すべきである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
静子の行動が、偶然か、はたあつて見送つたものか、はた又吉野と申合せての事か、それは解らないが、れにしても智恵子の心には、万一自分が男と一緒に乗つてゐる事を
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
左様どうも諸君のやうに、大勢一緒に押掛けて来て、さあ引留めて呉れなんて——何といふ無作法な行動でせう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その踊り子は首を左にけているうちに、急に驚いたように首を右にけ直すのだった。首を、その逆に右から左へ傾け直す行動は自然に円滑に行われるのだった。
間諜座事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その行動は掌を指すように藤吉が言い当てていた。
(少くも曼陀羅の境地へ悟入るには、思考と行動とが同伴わなければいけないらしい。……少くも俺は、この紙帳の内と外とで、善悪共に、思考え且つ行動ったのは事実だ)
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
紙帳こそは、父上と私との、思考行動との中心であった。……その紙帳が、曼陀羅の相を呈したとは?
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
『モ少許真摯に考へて見ませう……若しの際、那処に居たのが貴女でなくて別の人だつたらですね、僕は同じ行動るにしても、モツト違つた心持でつたに違ひない。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
一切圧迫はいけません。故郷へ帰りたいと云う者は故郷へ帰さねばなりません。結婚したいと云う者には結婚させねばなりません。何も彼も一切自由意志で、行動させねばなりません
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それから、もう一つ申し上げたいのは、父のそうした行動が始まった頃から、奇妙に母の態度が変って、荒々しくなってきたことです。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
……いろいろやってみると、あいつの行動に曖昧なところが出てきたんだ。……〈那覇〉の奴がようやく今日になって言いだした。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)