“おこな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オコナ
語句割合
95.1%
0.8%
修行0.8%
0.8%
0.8%
行動0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうして、このつながら、んではれてゐました。そのが、今日でも、社々神主さんたちのへる、祝詞なのであります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
臣は今日出家して、陛下の為めに功徳はむとふ。天皇したまふ。即日出家してたまふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
又国に尼無し、是に於いて汝が父多須那橘豊日天皇(用明天皇)の為に出家し、仏法をひたり、又汝が島女初めて出家して、諸尼の導者として、釈教修行ふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
(二〇)へば(二一)し。(二二)らざれば滅亡
竜をアジアの一部にのみわれた想像動物と信ずる人あらば、誤解も甚だしく、実は竜に関する信念は、インドや支那とその近傍諸国に限らず、広く他邦他大州にも存したもので、たとえば
(少くも曼陀羅の境地へ悟入るには、思考と行動とが同伴わなければいけないらしい。……少くも俺は、この紙帳の内と外とで、善悪共に、思考え且つ行動ったのは事実だ)
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
孔子曰く、ず、予以て(行)う。(『孔子全集』、一九五四)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)