血曼陀羅紙帳武士ちまんだらしちょうぶし
腰の物拝見 「お武家お待ち」 という声が聞こえたので、伊東頼母は足を止めた。ここは甲州街道の府中から、一里ほど離れた野原で、天保××年三月十六日の月が、朧ろに照らしていた。頼母は、江戸へ行くつもりで、 …
作品に特徴的な語句
かば 幾個いくつ 肌理きめ なまず 藁葺わらぶ 般若はんにゃ 喊声ときのこえ 鉄漿おはぐろ 殲滅せんめつ 微風そよかぜ ごて 不躾ぶしつ 経帷子きょうかたびら 相俟あいま 泥鰌どじょう 花弁はなびら 常磐木ときわぎ 紙鳶たこ 脂肪あぶら 一本ひともと 藻屑もくず 今生こんじょう 処刑しおき 手頼たよ 海棠かいどう 昏迷あが 独活うど 蹴鞠けまり しおり はぜ 女形おやま 苦痛くるしみ 突嗟とっさ 諒解わか 点綴つづ なます 連翹れんぎょう びょう 離座敷はなれ 化物ばけもの 二個ふたつ くぬぎ 狷介けんかい もち 沈着おちつ 不漁しけ 皮膚かわ 軽捷けいしょう 鑑定 頬白ほおじろ うたげ 吩咐いいつ 丁字ちょうじ 塑像そぞう がく 賭場ところ 起居おきふし 讐敵かたき 各〻おのおの 喜悦よろこび 法度はっと 諸手もろて すもも 交〻こもごも 勧請かんじょう 蘇芳すおう 贅肉ぜいにく 誰何すいか 鋼鉄はがね 香気におい 囲繞かこ 猟師かりゅうど 内密ないしょ 暗黒やみ 蠕動ぜんどう 由縁ゆかり 昆虫むし 燧石いし 濫觴はじまり 土壌つち 蜒々えんえん 趣味このみ 陰影かげ 睡眠ねむり 生擒とりこ 上瞼うわまぶた 隠匿かく 従来これまで 爬虫類ながむし 所業しわざ 首級くび 森然しん 破落戸ならず 腐蝕むしくい なずな 蝦蟇がま 贖罪とくざい 光明ひかり