血曼陀羅紙帳武士ちまんだらしちょうぶし
腰の物拝見 「お武家お待ち」 という声が聞こえたので、伊東頼母は足を止めた。ここは甲州街道の府中から、一里ほど離れた野原で、天保××年三月十六日の月が、朧ろに照らしていた。頼母は、江戸へ行くつもりで、街道筋を辿って来たのであったが、いつどこ …
作品に特徴的な語句
わりゃ モツ 男女もの ぴん 誘惑そその 叫喚さけびごえ 遭遇ぶつか 真実まっとう 情緒こころ 全然まったく 燈火ひのひかり タトヘ 誘引おびきよ 負傷きず 方法みち 将来このさき 以前これまで こわ 良人ひと ふす 行動おこない 正面まえ すがた 月光ひかり 囲繞かこ 同伴ともな いまし 惨酷むごたらし こご 頭上うえ いつ 行動おこな 注意こころ 虚妄うつろごころ やみ おかみ 部屋ところ 通路みち 眼光 誘惑そそのか さむれえ とぼそ 反対ぎゃく 空間ところ つい あい 象徴あらわ 関係かかわ 湿地しめじ 剽盗ぞく 往来みち 彼方むこう 存在 婢女おんな 威嚇おどし 焦心あせり 処女おぼこ 中央なかほど 凝結こご 穿 負傷いたで 賭場ところ 生活くら おのれ 附着 わたくし 首級なまくび 脱出のがれだ 以前むかし 彫刻きざ 啓示しめ 使用もち はず きぬ 炭火 鑑定 かたわ 先刻さきほど 誓約ちか 側面がわ くちなわ 趣味このみ 忘却わす 畷道なわて 腐蝕むしくい 扮装みなり なまめ 斑点まだら 変化かわり 生長おいた 心境こころもち