“良人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おっと61.8%
をつと8.5%
つま4.5%
うち4.0%
おつと3.6%
やど3.0%
うちのひと2.4%
ひと2.1%
たく1.9%
りょうじん1.5%
あなた0.9%
つれあい0.8%
うちの0.8%
あんた0.6%
ていしゅ0.6%
おやじ0.4%
しゅじん0.4%
つれあひ0.4%
あのひと0.2%
マリ0.2%
おつれあい0.2%
さき0.2%
つれやい0.2%
ていし0.2%
ていしゆ0.2%
りやうじん0.2%
りようじん0.2%
をっと0.2%
ハズバンド0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結婚式の夜、茶の間で良人は私が堅くなってやっとれてあげた番茶をおいしそうに一口飲んでから、茶碗を膝に置いて云いました。
扉の彼方へ (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
鏡子は気に良人の金策の話を此人にするのに、今日だ余り早すぎると下臆病な心が思はせるので、それは心にしまつて居た。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
わが良人が、わたくしをる時には、お母様へのお手紙を、わざと忘れ落したふりして、わたくしの心をうごかしたのでございますよ。
日本名婦伝:太閤夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それに良人があの通りの男で、自分一人さえ好けりゃ女房なんかどうなったって、の知った事じゃないって顔をしているんだから。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
下品つたからとて良人てぬはあるまい、におのやうな別品さむではあり、一とびに輿にもれさうなもの
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
先日も良人が米国の料理学校の試験問題を伺って私に委しく話しましたが私はナゼ娘の時代にそういう事を試験してもらわなかったろう
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
お前でもいないと良人が困るからよ、お父さんへは私がお詫をするから、長さんマアちゃんとお坐んなさいよ、何うしたのだねえ
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
生憎、うちの良人も、小荷駄衆のお侍から出頭しろといわれて、夕方、酒匂のお役所まで行きましたが、もう間もなく戻りましょう』
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「道理でこの頃、良人容子が変だと思いました。夜もたびたび遅く帰るし、私には、不機嫌ですし……」と、さめざめと泣いた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唯の夫婦でも強い細君は弱い良人の鼻綱を取る。家庭生活も優勝劣敗を免れない。主人は外へ出て稼ぐ丈け歩が好いようなものゝ
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
何とでござんす良人と、この頃の信用恢復に、鼻もたかだかさし付くるつもりなりしに、青菜に塩のそれならぬ、生素麺に水の奇特。
今様夫婦気質 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
なに、こんな山家で学問なんぞをと申しますけれど、死んだ良人が、この子はぜひ世間に出してやりたいと申しておりましたものですから
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
何だとさ、学校じゃあ、がもう良人に、(ちょいとこさ)と謂う渾名を附けて、蔭じゃあ、そうとほか言わないそうだよ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「いえな、内じゃ芸妓屋さんへ出前ばかりがですから、ごらんの通りゆっくりじゃえな。ほんにお師匠さんいお声ですな。なあ、良人。」と、横顔で亭主を流眄
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それを思出にして、後生だから断念めておくれ。神月は私の良人だったと、人にいっても差支えはない。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「あすこも近ごろは身上を作ったそうで、良人からお庄をくれてやろうかなんて言ってよこしましたけれど、私は返事もしましねえ。」
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「奥様、あなたはご良人といつ頃結婚なさいましたな?」
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
歿られた良人から懇々も頼まれた秘蔵の秘蔵の一人子、それを瞞しておのれが懲役に遣つたのだ。此方を女とつてさやうな不埒を致したか。長刀の一手も心得てゐるぞよ。恐入つたか
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「あたしは煖房が欲しいのだ。どうあっても据えつけさせてやる。あたしは厭ッてほど咳をしてやろう。そうすれば、良人だって思い切って煖房を据えつける気になるだろう」
初雪 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
昔、あなたの家のお祖父さまが、あなたの良人に仰しやつたのです。
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)
あゝ是も罰ではないかと身体のきかない時には、に其の後悔というものが出て来るものでのうお賤、して此のお方はお前の良人かえ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
私ゃお祖父さんのことばかり考えて、別に何にも良人の事は思わないもんだから、ちょいと見たばかりで、ずんずん葛籠へしまいこんで打棄っといたわ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女「はい、貴方に対しては誠に済みませんが、私の良人でございますよ」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
不可ねえや、お良人があるんなら、おいら一所に死ぬのは厭だぜ。じゃあ、おい勝手にしねえ。」
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
證據に私しの所業なりと云るゝとや血眼になりて言けるにぞお良人押止め今此處にて爭ひしとて方なき事なり我等も了簡あれば出る處へ出て屹度すべしと言置家主相長屋の者へも我等所存あれば今晩の始末委細に御奉行へ訴へ出る間より御沙汰ある迄はお菊を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
良人久米正雄ならずとも、はず微苦笑せずにはゐられない。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
或時、義雄が見舞ひに行くと、お鳥は隣りの寢臺の、「わたしの良人は教育家です」
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
朝子は、子供の顔を黙ってみてゐたが、そのまゝ良人のあとからついて出た。
秋は淋しい (新字旧仮名) / 素木しづ(著)
だって、考えてみれば、わたしたちが女学校でならった英語には、とか良人とか云う言葉はたしかにあったけれど、その父や良人を
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)