“人見良吉”の読み方と例文
読み方割合
ひとみりょうきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同じアパートの二階に住んでいる小説家の人見良吉が、明智の応接間へはいってきました。
妖人ゴング (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
この人は人見良吉という、あまり有名でない小説家ですが、お金持ちとみえて、一月ほどまえに、このアパートへ越してきて、明智探偵と同じ二階の小さな部屋に、ひとりぼっちで住んでいるのです。
妖人ゴング (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)