“人見卜幽”の読み方と例文
読み方割合
ひとみぼくゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初め、かれがその抱負を、人見卜幽とか辻了的などという学者たちにってみても、たれもみな
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この無愛想者の将来はまだわかるよしもないが、この男の亡父人見卜幽はとにかく偉かった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)