“亡父”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちち66.1%
おやじ7.1%
ぼうふ5.4%
なきちち5.4%
なきちゝ5.4%
おやぢ3.6%
おや3.6%
おとう1.8%
とっ1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長年の亡父の遺言中にも“何事ニ依レ永観ニ談ゼヨ”とあるほどで、いわば一族の長老だが、とかくふだんは敬遠していた門なのである。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
▲死んだ亡父は、御承知の随分幽霊ものをしましたが、ある時大磯の海岸を、夜歩いて行くと、あのザアザアという波の音が何となく凄いので
薄どろどろ (新字新仮名) / 尾上梅幸(著)
やがて女房も、このからるときがきました。子供らは、御霊をも亡父のそれといっしょに仏壇ったのであります。
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
僕の耳には亡父怒罵の声が聞こえるのです。僕のには疲れ身体を起して、何も知らない無心の子をき、男泣きに泣きうた様が見えるのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
あたら名馬も飼殺しぢや。(嘆息しつゝ子之介にむかひ。)けふは二日、そちが亡父の命日ぢやぞ。もうよいほどにして身を清め、佛前に囘向いたせ。
佐々木高綱 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
亡父の言葉も有るから——叔父も彼様忠告したから——一旦秘密が自分の口かられた以上は、それが何時誰の耳へ伝はらないとも限らない、先輩が細君へ話す
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「山木はね、うちの亡父が世話したんで、今に出入りしとるのさ。はははは、浪さんが敗北したもんだから黙ってしまったね」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
あなたの亡父さんが、あなたのために考えておいたことなら、きっと、あなたがたを、良くお世話してくださるでしょう。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)