佐々木高綱ささきたかつな
登場人物 佐々木四郎高綱 その娘薄衣 佐々木小太郎定重 馬飼子之介 その姉おみの 高野の僧智山 鹿島與一 甲賀六郎 侍女小萬 佐々木の家來など。 江州佐々木の庄、佐々木高綱の屋敷。建久元年十二月の午後、晴れたる日。中央より下のかたにかけて、 …
作品に特徴的な語句
こけ かうべ 亡父なきちゝ しひた 生死しやうし をしへ 洗足すそ 執念しふね 直前ぢきぜん 扮裝いでた 一家いつけ もとゐ うしとら 正法しやうほふ 武士さむらひ しを 宿しゆく あたひ 甲冑よろひかぶと おとゝ いや 土肥どひ 御坊ごばう 西行さいぎやう 建久けんきう 尾州びしう 床几しやうぎ すね 梶原かぢはら こぼ 脛巾はゞき 治承ぢしよう 神佛かみほとけ しん 甲賀かふが 僧形そうぎやう 頭髻もとどり 先供さきども 大津おほつ 大童おほわらは 女子をなご 姉弟きやうだい 馬盥ばだらひ 高野かうや とき 雜鞍ざふくら 磨墨するすみ 馬士まご 絲楯いとだて ひじり おもて 雪解ゆきげ 退 蒼蠅うるさ 薄衣うすぎぬ すき 陸奧みちのく かね にぶ 智山ちざん 野洲やす 姉樣あねさま 亂杭らんぐひ 亡人なきひと 今日こんにち 仲違なかたが 像法ざうほふ 八島やしま 八牧やまき やいば うまや 右樣みぎやう 國境くにざかひ 大河たいが おく 奴儕やつばら みぎり 安達あだち 屋形やかた 平首ひらくび 廿歳はたち 徒歩かち 有髮うはつ 木曾きそ 比良ひら 毛澤けづや 熱田あつた 父子おやこ 父樣とゝさま 生月いけづき