“亂杭”の読み方と例文
新字:乱杭
読み方割合
らんぐひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
與一 まして河の底には亂杭を打つて、大綱小綱を張りわたし、馬の足をさゝへんと巧んである。
佐々木高綱 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
裏庭とおもふあたり、には、のやゝれかゝつた葡萄棚が、にうつして、此處もおなじ溜池で、のあたりから間近へかけて、透間もなく亂杭つて
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「さうだらう。其方の人相は、どう買ひつても惡人といふ相ぢやない。鼻がくり返つて、眼尻が下がつて、齒が少し亂杭だな。そんな刻みの深い顏は、總て善人か愚人にあるものぢや」