“橋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はし75.3%
ばし20.5%
きやう1.4%
けう0.7%
はしょ0.7%
ハシ0.7%
ポン0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうなると、もうなんでもい人に加勢むよりしかたがないといまして、このからの上にっていたのでございます。
田原藤太 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
両国橋の木造だつた頃には駒止もこの辺に残つてゐた。のみならず井生村楼二州楼といふ料理屋も両国橋の両側に並んでゐた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
按ずるに、蛾蛾同韻(五何反)なれば相通じて往々書見す。に作る異体なり。
馬車をりると折好く蒸汽が来た。初夏のセエヌ河の明るい水の上を青嵐に吹かれて巴里つた。アレキサンダア三世の側から陸につて橋詰で自動車に乗つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
もし入道盈進がおくにニかへり候時ハ、伏見ニておやしきのそバニ宝来と申へんに船やどニて寺田や伊助、又其へんニ京橋有、日野屋孫兵衛と申ものあり。これハはたごやニて候。