“小橋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こばし76.9%
おばせ15.4%
しょうきょう7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小橋”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
幅の狭いアミアン川が市街にはひつて更に幾つとなく枝流しりうを作つて居るので石の小橋こばしが縦横に掛つて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
小橋こばしを渡ったところで、中の十歳とお位のがじゃれて、その腰へき着いたので、白魚しらおという指をらして
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それ故、その翌日から三日も続けて、上本町六丁目から小橋おばせ西之町への舗道を豹一に尾行られると、半分は五月蠅いという気持から、
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
小橋おばせ玉造村たまつくりむらの間です」と答えた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たにの水が委蛇いいと流れたところに、村落や小橋しょうきょうが散在している、——その上に起した主峯の腹には、ゆうゆうとした秋の雲が、蛤粉ごふんの濃淡を重ねています。
秋山図 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)