“青緑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あをみどり28.6%
せいりょく28.6%
みどり28.6%
サフアイア14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“青緑”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > プロヴァンス文学100.0%
文学 > 英米文学 > 詩28.6%
哲学 > キリスト教 > 聖書16.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
青緑あをみどりしげれる谿たに
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
青緑あをみどりしげれる谿たに
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
燦爛さんらんたる孔雀玉の紫と瑠璃るりと、翡翠ひすいと、青緑せいりょく
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
画は青緑せいりょく設色せっしょくです。
秋山図 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
彼等がひねもす物語をした客殿のとこ青緑みどりであつたと書いてある。
乾あんず (新字旧仮名) / 片山広子(著)
れ目の前に青緑みどりあらわし、その枝を園に蔓延はびこらせ、その根を石堆いしづかにからみて石の家を眺むれども、もしその処より取除とりのぞかれなばその処これを認めずして、我は汝を見たる事なしと言わん……」とある。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
先頃の春雨はるさめに、水量を増して山峽を下る小川は、澄明な水を漲らして、太陽の金の輝きと大空の青緑サフアイアの色をうつし乍ら流れてゐた。