“取除”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とりの57.7%
とりのぞ11.5%
とりのけ9.6%
とりはず9.6%
とりのく3.8%
かた1.9%
とっと1.9%
とりのけん1.9%
とりはづ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして角燈を地上に置くと、石の端の下への先を押入れて、其石を擡げ始めた。石が自由になると彼は更に寄生植物を取除けにかゝつた。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
その喇叭の音は、二十年来と聞こえずなつた。隣村に停車場が出来てから通行が絶えて、電信柱さへ何日しか取除かれたので。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
歳越の日などはいづれの家にてもことさらに雪をのあかりをとり、ほりたる雪も年越の事しげきにまぎれて取除をはらず、掘揚屋上にひとしき雪道歩行にたよりあしき所もあり。
壁はまだ乾かず、戸棚へは物も入れずにある。唐紙は取除したまま。種々なことを山の上から想像して来た家内には、この住居はあまりに狭かった。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
いづれの家にても雪は家よりもゆゑ、春をる時にいたればこゝろよく日光を引んために、をとる処のる雪を他処へ取除るなり。
あんなもの建てなけりゃアいゝに、庚申塚が有って見えやアしねえ、庚申塚取除
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
甲給仕 疊椅子彼方へ、膳棚もかたづけて。よしか、んだ。おいおい、杏菓子一片だけ取除いてくりゃ。
此雪を取除とするには人力銭財とをすゆゑ、寸導を作りてく也。そも/\初雪より歳を越て雪るまでの事を繁細に記さば小冊にはしがたし、ゆゑにてしるさゞる事甚多し。
車夫はまるで濡鼠、酒代が好いかして威勢よく、先づ雨被取除して、それから手荷物のかず/\を茶屋の内へと持運ぶ。つゞいて客もあらはれた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)