クラリモンド
兄弟、君はわしが恋をした事があるかと云ふのだね、それはある。が、わしの話は、妙な怖しい話で、わしもとつて六十六になるが、今でさへ成る可く、其記憶の灰を掻き廻さないやうにしてゐるのだ。君には、わしは何一つ分隔てをしないが、話が話だけに、わしよ …
作品に特徴的な語句
おどろか かかつ ぢき ふち ジュボン 面帕ヴェール しづく 微笑ほゝゑみ ひら おのづか しゆ ぷん もの つれ てこ 歿なく なほ なまめ ことば たづ ほとり 酒盞しゆさん しづま あらは 住居すまひ まど 凝視みつめ 命令いひつけ 塵土ちりひぢ 容貌きりやう うしろ おろか 扈従こしやう 滲透しみとほ やか 糸杉シイプレイ 見当けんたう ことづ 謀略たくみ 軽忽きやうこつ 顔附かほつ 顛末いきさつ 饒舌しやべ あるじ からだ すさま 呵責かしやく 喇叭らつぱ 地合ぢあひ 女性によしやう まち ゆが こみち 心性こゝろばへ 手際てぎは 明日あした 水沫みなわ 焦立いらだゝ 燈火ともしび はや あば すぐ 真紅しんく 眼色めつき 穹窿きゆうりゆう さいな 褻衣したぎ 誹謗ひばう 蹌踉よろめ かゞや すか ひら しきゐ ひよ ゑくぼ 魔王サタン 黄金きん 一叢ひとむら 一廉ひとかど 一葩ひとひら 二面ふたおもて 亡骸なきがら 仕業しわざ やす 何時いつ 佞人ねいじん そば つぐな 光沢つや 分隔わけへだ 刎橋はねばし 加之しかのみならず