“二面”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふたおもて66.7%
にめん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
互にもつれ合ひながら、しかも互に触れる事のない二つの螺線は、わしの此二面ふたおもての生活を、遺憾なく示してゐる。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
知らぬ。不死の神がわたくしに、二面ふたおもてのある名聞みょうもん
人と森との原始的げんしてき交渉こうしょうで、自然しぜん順違じゅんい二面にめんが農民にあたえたながい間の印象いんしょうです。