“二間”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふたま87.3%
にけん10.9%
けん1.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二間”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.8%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
夜更けには、この嗣二の部屋から、押し殺された実に奇妙な声が、二間ふたまほど隔てた私の部屋にまで伝はつて来ることがあつた。
母たち (新字旧仮名) / 神西清(著)
が、八畳二間ふたま、六畳一間ひとま、四畳半二間、それに湯殿ゆどのや台所があつても、家賃は十八円を越えたことはなかつた。
身のまはり (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
これが芝居道でいう一間いっけん——一桝ひとますなので、場席ばせきを一間とってくれ、二間にけんほしいなどというのだった。
この銅像はたけ一丈六尺と申すことにて、台石は二間にけんに余り候はむ、兀如こつじょとして喬木きょうぼくこずえに立ちをり候。
凱旋祭 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さては無罪の宣告ありて、今日こそ放免せらるるならめ、何にもせよ嬉しきことよと、喜ぶにつけて別れの悲しく、互いに暗涙あんるいむせびけるに、さはなくて彼女は妾らの室をへだつる、二間けんばかりの室に移されしなりき。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)