おに
探偵小説家の殿村昌一は、その夏、郷里長野県のS村へ帰省していた。 S村は四方を山にとざされ、殆ど段畑ばかりで暮しを立てている様な、淋しい寒村であったが、その陰鬱な空気が、探偵小説家を喜ばせた。 平地に比べて、日中が半分程しかなかった。朝の間 …
作品に特徴的な語句
きっ しい うつ こう ふし いず 何人なにびと ただち かたわら おと ただ おぼえ けい 着替きかえ 俯伏うつぶし とど かえ しょう おとしい のり へり くう しん がら 最早もは ぜん あるい かえっ おろか うしろ 如何いかが かた 陥穽おとしあな ついや かし ばか 見覚みおぼえ 茶呑ちゃのみ おび うなず 綺譚きだん 看破かんぱ たたみ 用達ようた とっ ため 段畑だんばたけ 段々だんだん ほがら むね 新仏にいぼとけ まず なげう なら わざ あわただ のち すで 差支さしつか たくみ 工夫こうふ 大曲おおまが かたま 仮令たとえ あらかじ 先方むこう きずつ 住処じゅうしょ なん とま かみ すべ 使つかい 今朝こんちょう 突飛とっぴ たしか ほど 仕出しで つも 胡散うさん 積卸つみおろ たたず 伯母おば 仕末しまつ 突立つった ひじ 耄碌もうろく 仕業しわざ 綺麗きれい もっ たま はず
題名が同じ作品
(新字新仮名)織田作之助 (著)
(新字新仮名)吉川英治 (著)