おに
「——お待ちかねでいらっしゃる。何、そのままの支度でさし支えありますまい。すぐ庭口へ」 と、近習番に促されると、棟方与右衛門は、よけいに足も進まず、気も晦くなってしまう。 案のじょうである。 大書院へ出ていた君侯の面には、焦躁のすじが立って …
作品に特徴的な語句
収穫とれ かんば 収穫とる てめえ てあい 湯沸わか 洪水でみず みの ただ いかめ とじ 主水しゅすい 犠牲にえ つい いじ ぶち はず かみ つら 雀躍こおど 陸奥むつ せき むご 逐電ちくてん 男女ふたり うめ 嘲笑ちょうしょう 囃子ばやし 土竈へっつい うれ 襦袢じゆばん 外戸そと すがた たっと 就役じゅやく つか 草埃くさぼこ 穿うが いくさ やに いか 精霊せいれい 素謡うたい 悪戯わるさ 落胆がっかり すす 父娘おやこ 猛々たけだけ ひき たま 理由わけ 生命いのち 生憎あいにく 痕跡こんせき 痙攣けいれん 痢病りびょう 癇癪かんしゃく 白鷺しらさぎ しわ まぶた 矛盾むじゅん いかり 磔刑はりつけ とり ひえ ごく 窒息ちっそく 竣工しゅんこう 簑笠みのかさ しぼ 開鑿かいさく 角判かくはん 詐称さしょう したた いさ きし ほとばし 逃散ちょうさん 遽雨にわかあめ やしき くわ 飄然ひょうぜん 龍胆りんどう ふもと にしん 餓鬼がき 飢饉ききん むち 雲水うんすい おもて
題名が同じ作品
(新字新仮名)織田作之助 (著)
(新字新仮名)江戸川乱歩 (著)