“龍胆”の読み方と例文
新字:竜胆
読み方割合
りんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ジーンと鳴いて行く秋の蝉、——側腹のあたりに、龍胆と梅鉢草が咲いているな——と思った切り龍之助は正気をってしまいました。
大江戸黄金狂 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
その葉は龍葵のようで味がのようにいから、それで龍胆というのだと解釈してあるが、しかし葉がいというよりは根の方がもっと
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
この間、越した家よりやや小さかったけれど、普請が新しく、裏の窓を開けると、濃い龍胆いろにすみだ川がながれていた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)