大江戸黄金狂おおえどおうごんきょう
山浦丈太郎は、不思議な手紙を受取りました。その意味は——。 其方は人を殺した。それはお家の奸臣を除くためであったとしても、人間一人の命を絶ったことには何んの変りもない、其方も武士なら、来る八月の十五日箱根の間道を登って、太閤道の辻堂の前に、 …
作品に特徴的な語句
はら かた いい さらさ まばたき 退引のきひき 轉倒てんとう 出逢でく かち むす 看護みまも とざ おく いで かし おぼえ そめ 此方こっち さわぎ とび いさぎ 抜出ぬきだ ねむり あるい いかり 退 其方そのほう なま おぼ 清々せいせい てら さぐ 振舞ふるま 禁呪まじない ひそ うらみ おう きざ ひき さし けつ かたま うかが 免倒めんどう すか たが じっ かた 取出とりだ 何方どっち つら のば たく とも 玩具おもちゃ 空善くうぜん 穴賢あなかしこ つも いとま さかのぼ 禿 とざ 硬張こわば 隈取くまど ねむ 眩暈めまい がた 真似まね うなじ 申上もうしあ 此処ここ よだれ きよ 洒落しゃれ 高山たかやま 此方こちら 龕灯がんどう