“涎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よだれ95.4%
よだ4.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毛脛が大の字を書いている。胸は、はだけているし、は畳にベットリだ。鼻から提灯を出していないのがまだしもの寝顔であった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四人の看守が四人共、ポッカリ口を開き、を垂らして居眠りを始めたのだ。それも舟をぐという様な生やさしい眠りではない。
黄金仮面 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
土間に、置きすててあるを、老人はひっくり返して、あわただしくめた。赤いをした地蔵如来、幾つもの巾着、守札、椿の花——
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(牛の肉の中で一番上等がの舌だといふのは可笑しい。れで粘々してる。おまけに黒い斑々がある。歩け。こら。)
種山ヶ原 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)