松のや露八まつのやろはち
「こんどの冬の陣には、誰が、初伝を取るか」 「夏の陣には、俺が日記方(目録取り)に昇格ってみせる」 などと門人たちは、その日を目あてに精錬していた。暮の十二月二十五日と、中元の七月十日とが入江道場の年 …
作品に特徴的な語句
見遁みのが 歯痒はがゆ 薩摩さつま 紫檀したん 緻密ちみつ 裸足はだし 美濃みの 長火鉢ながひばち 修羅しゅら 恰幅かっぷく 御家人ごけにん 煙草盆たばこぼん 鬱憤うっぷん 一喝いっかつ 立場たてば たこ 反身そりみ 呂律りょりつ 博多はかた あし 螺鈿らでん 韋駄天いだてん 脚下あしもと 雇人やといにん 金槌かなづち 櫛巻くしまき 嘆息ためいき かも 楚々そそ 樹蔭こかげ 釣竿つりざお 後家ごけ 仮借かしゃく 鞭撻べんたつ なだ 閑暇ひま 反物たんもの 腹癒はらい しじみ 牢屋ろうや 皆目かいもく 内輪うちわ 馬子まご 標榜ひょうぼう 炯眼けいがん 陳腐ちんぷ 飢饉ききん すし さば 矢立やたて 初手しょて 無沙汰ぶさた 象嵌ぞうがん 不躾ぶしつけ 笑靨えくぼ 蒲鉾かまぼこ 清楚せいそ 宛名あてな 落語家はなしか 衣桁いこう かんざし 拳骨こぶし かき 伽羅きゃら くわ 気振けぶ 座頭ざとう 向島むこうじま 蹴落けお 脂肪あぶら たつ 仁王におう 余燼よじん 公方くぼう 椎茸しいたけ 狙撃そげき 直垂ひたたれ 行火あんか かご 瓦解がかい 井戸端いどばた 函館はこだて 吾々われわれ 寝覚ねざ 共謀ぐる 山内さんない 根太ねだ 海辺うみべ 真夜中まよなか せり 島田しまだ 昏迷こんめい 悠長ゆうちょう 神酒みき くど