松のや露八まつのやろはち
「こんどの冬の陣には、誰が、初伝を取るか」 「夏の陣には、俺が日記方(目録取り)に昇格ってみせる」 などと門人たちは、その日を目あてに精錬していた。暮の十二月二十五日と、中元の七月十日とが入江道場の年二回の表彰日なので、修業の半期半期を、門 …
作品に特徴的な語句
てめ ばか 姉妹むすめ スデ もの おや えろ ネガワ ハカ もの 水瓶みずびん まぬ ちょ てて 出立たた がわ 自分てまえ 交際づきあ つま まぶし ぎたな おさ てめえ もの 爽々さばさば きつ そうろ 凝結こり しわ 私語ささめ 西 ちが きたね 下手まず かえ つれ 故郷いなか ヒロ 此方このほう かお 下手べた ぼん 夫婦いっしょ 前駆まえぶれ めく したた 北廓きた ぴら 芸妓おんな むこ 上手うま じん 鬱々くよくよ しも づめ この かす 強請せが 彼女あいつ なか たま