“茂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しげ75.4%
しげり9.7%
しげみ7.5%
しげる3.0%
2.2%
0.7%
しげっ0.7%
もつ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
檜木明檜𣜌——それを木曾では五木といひまして、さういふえたがあの谷間つてるのです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
庭樹のに隠れ行く篠田の後影ながめりたる渡辺老女のには、ポロリ一滴の露ぞコボれぬ「きツと、お暇乞御積なんでせう」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
は、大巌しくつて、陰惨冥々たる樹立は、露呈に、天井ふ——こゝの椅子は、横倒れの朽木であつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
同じ家に居るからと云つて子に父の遺伝があるなどヽ云ふことは不思議なことではないかと、この間もに語つて居るのを聞きました。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
かんのスジと切茸のつけ焼、白魚なら生きたままを生海苔で食べるという、三代前からの生粋の深川っ子で、旅といえば、そのとしまで、東は塩原
野萩 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
れ多いご比較ではあるが、吉野の御陵には、雑草が離々いて、ここの何分の一の御築石もない——れもくそもあるものか、俺は、斬る
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼の田原藤太が射た大蜈蚣の住みかだと思うと、黒くた山の様を物凄く感じた。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
ちやんだつて屹度何とかしてくれるに違ひない。」と私はに久しぶりで佐賀へ青服を着て帰つて来た友達をも頼みにしてゐた。
ある職工の手記 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)