ある職工の手記あるしょっこうのしゅき
私の家はどういふわけか代々続いて継母の為に内輪がごたくさした。代々と云つても私は自分の生れない以前のことは知らぬが、父の時代が既にさうであつた。父は早く実母に死なれて継母にかゝつた。その継母に幾人もの男の子が出来て、父は我が家にゐるのが面白 …
作品に特徴的な語句
フレム とゞま もつ 霊魂たませえ づつ きは いぢ 股引もゝひ おほ しひた ぢい くゞ たと かゝ たづ はし つひ 俥夫しやふ わづ かま 笑談じようだん まづ 紛擾ふんぜう 継母まゝはゝ りき たづ 蒼白あをじろ きま 田舎ゐなか 甲冑かつちう いて 此所こゝ 真鍮しんちゆう みが 一艘いつさう ふる ゆゑ はさ 繃帯はうたい 手拭てぬぐひ 愛嬌あいけう 悶着もんちやく 屹度きつと 荒挽あらびき くづ 居馴ゐな もつと 小舎ごや かうむ 小桶こをけ 薬罐やくわん 蝋燭らふそく 高尚かうしやう 夕餉ゆふげ 上衣うはぎ きずつ 襦袢じゆばん 鉋屑かんなくづ まう 供養くやう あく 頑迷ぐわんめい たゞ わか わたし たゝ いと 厄介やくかい 間際まぎは しづ かへ 鍛冶かぢ 鋲打びやううち ひも 稽古けいこ ほど 祖母ばあ 鋸切のこぎ 石垣いしがき 附紐つけひも いびき 界隈かいわい ちが あと しき なが さび