“界隈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいわい99.4%
あたり0.3%
けえうええ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまの差配は助三郎といって、その界隈にある高田屋の地所や家作の管理をしているが、死んだ父親の元助からちゃんと聞いていた。
そんな器用な娘があの界隈に居そうもねえから不思議だ。
「おう、そこいらだんべ。この界隈に行方知れずは?」