“近所”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きんじょ69.6%
きんじよ26.4%
きんしよ0.8%
あたり0.8%
きんぢよ0.8%
きんぺん0.8%
そば0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近所の二から、光子さんのこえていた。そのませた、小娘らしいは、春先空気けてこえていた。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
七日々々追善供養も心の及ぶだけはめしが何分男の手一ツでき者の養育當惑は漸く近所などし摺粉
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それから狩猟もしてしまつて家来が手を分けて探しますとやがて其中の一人は近所の村の桑畠の中の古井戸からに女の叫び声が聞こえるのを聞き付けて縄を
金銀の衣裳 (新字旧仮名) / 夢野久作(著)
主人らしき人の車その門にりしを見たる人まれなり、売り物なるべしとのうわさ一時は近所の人の間に高かりしもいつかこのうわさも消えてなく
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
では祖母さんや伯母さんやおまで手拭りまして、伯父さんややと一きました。近所から手傳ひにもありました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「身許を包んでいたわけではありません。ただいま先生にも申し上げましたが、私は、この近所の、山伏山のむこう側にあたる田万里というところの生れで——。」
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「主人の小言が始まると店中のものは近所へ寄りつきません」