煩悩秘文書ぼんのうひぶんしょ
深山の巻——女髪兼安—— 猿の湯 岩間に、黄にむらさきに石楠花が咲いて、夕やみが忍び寄っていた。 ちょうど石で畳んだように、満々と湯をたたえた温泉の池である。屹立する巌のあいだに湧く天然の野天風呂——両側に迫る山峡を映して、緑の絵の具を溶か …
作品に特徴的な語句
ところ やつ 下婢げび 着物もの てん ひょん 退 きざは まみ 街上みち しる もの あかがね つく 低声こえ よそ 服装つくり 彷徨さすら 近所きんぺん 生計なりわい 夫婦みょうと 善良まとも あで 乞食こも 設備しつらえ 痛痒うずき もが 退しりぞ はま 喧嘩でいり 哄笑わらい 煤煙すすけ 関係つながり かた 目下いま はず 披露ひろ 誠心まこと えにし 容貌かお 進捗はか あせ むき 狩猟まきがり 相変そうがわ 白眼にらみ こうべ 高山やま 乞食ものごい 良人つま 彼女かれ 小止こや 深川たつみ 仔細いきさつ かしこま いわ かしず やっこ 奇術てじな 解釈げしゃく 夫婦ふたり かんざし いと まつ あく 稼業しょうばい 永遠とわ 魚鱗うろこ うけたま 合点うなず 犠牲にえ なま こが 哄笑わら いま はや 不審いぶか 腰間こし 今夜こよい