“階”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きざはし45.9%
かい35.9%
はし4.1%
はしご4.1%
がい2.9%
だん1.2%
きぎはし1.2%
きだ1.2%
きざ0.6%
きざは0.6%
さぎはし0.6%
だん/\0.6%
カイ0.6%
フロア0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう一度夜のやうな空を飛んで、森羅殿の前へ帰つて来ると、さつきの通り杜子春をの下に引き据ゑながら、御殿の上の閻魔大王に
杜子春 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
近所の二から、光子さんのこえていた。そのませた、小娘らしいは、春先空気けてこえていた。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
やがて退り立ちて、ここの御社のの下の狛犬も狼の形をなせるを見、酒倉の小さからぬを見などして例のところに帰り、朝食をすます。
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
廊下をとして一つ屋根の下が二階と三階とに建て分けて有るのだ、廊下を奥へ突き当たって左へ曲った所に余り高くないが有って三階へ登る様に成って居る。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
あれは子ープルスのの三からへるエリノにそのです此方のは禿げた老爺さんがつてによくますねえ。
さしわたし三間ばかりにしたる高さ六七尺のき壇を雪にて作り、これに二処の上りを作る、これも雪にてする、里俗といふ。
汝の聞かんと欲するは、この淑女がかく長きをば汝に昇るをえしめし處なる高き園の中に神の我を置給ひしは幾年前なりしやといふ事 一〇九—一一一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そのいと低きさへかく大いなる光を己が中に集むるに、花片果るところにてはこの薔薇の廣さいかばかりぞや 一一五—一一七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
稲の穂の千田をなし靡く時唯ならぬかな姥捨の秋
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
きれいに掃き清められたしの下にうずくまって
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
本堂は桐紋の幕に囲まれていた。それも、廻廊も、も、梅雨湿りで水気を含んでいないものはない。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此内に宮めかす所を作り、まへにをまうけ宮の内に神の御体とも見ゆるやうにつくりすゑ、これを天神さまとし(ゑびす大こくなどもつくる)などしきつめ物をべき所をも作る。
おなじのほかの部屋も、三階も、下宿の看板を掲げて人さえ見ると来てもらいたがっているくせに、どういうものかがらきにあいているんだから、曲者がそとから這入ったんでない以上