“板戸”の読み方と例文
読み方割合
いたど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もなく、しいばかりぱち/\させて、えぬのを、る、寂々とした板戸に、ばさりと物音
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
その部屋の一方の壁に、大むかしの、どこかの寺院の杉の板戸が、一まいたててあります。むかしの名人がかいた豹の絵です。
黄金豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
など打返むかしのしうて無端もぬれそふ心地す、くよりしてるやうなる板戸つけのがしさ、いづれもしからぬかは。
雨の夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)