“鴨居”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かもい86.5%
かもゐ13.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縁側なしに造った家の敷居、鴨居から柱、天井、壁、畳まで、bitume の勝った画のように、濃淡種々の茶褐色に染まっている。
カズイスチカ (新字新仮名) / 森鴎外(著)
頭の上の鴨居に取り付けてある瀬戸物の白い標札を読んでみると、小さなゴチック文字で「標本室」と書いてあることがわかった。
一足お先に (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「昨日行燈の出てゐた二階に間違ひはありませんよ。鴨居から赤い扱帶で、女草履が片つ方ブラ下がつてゐるのは不思議ぢやありませんか」
「代助はまだるんぢやなからうな」とが云つた。代助はみんなから一足れて、鴨居に両手がく様なを一つした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)