“錠前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうまえ78.4%
ぢやうまへ18.9%
でうまへ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古い長持であったから、それで錠前刎切れたものであろうけれど、それにしても中からそれを刎切るのは容易な力でありません。
に飛びついて、死物狂ひになつて錠前を搖すぶつた。の廊下に跫音が駈けて來て、鍵がされて、ベシーとアボットが這入つて來た
町内一の財産家といふに、家内祖母此子二人下腹えて留守見渡しの總長屋流石錠前くだくもあらざりき、正太へあがりて風入りのよき塲處たてゝ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)