“雨戸”の読み方と例文
読み方割合
あまど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
までりにいていたが、えがちにったのは、雨戸からりに、おのずとえてしまったに相違ない。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
自分蒲團までされたやうに、雨戸閾際まで與吉いてはしてたり、つてたりしてがした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
門野寐惚りながら、雨戸けにた時、代助ははつとして、此仮睡からめた。世界の半面はもう赤いはれてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)