“與吉”のいろいろな読み方と例文
新字:与吉
読み方割合
よきち80.0%
よき20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には與吉惡戯をしたり、おつぎがいといつてへてせれば與吉自分るのがえるやうである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
つか/\と行懸けた與吉は、これをくと、あまり自分素氣なかつたのにがついたか、小戻りして眞顏で、いて
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「そんぢやおとつゝあ水飴でもつててやつたらよかつぺな、與吉してけばでもんめえな」おつぎは卯平みて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)