“卯平”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うへい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“卯平”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
外聞げえぶんさらしやがつて」と卯平うへいおこつたがそれがためこと容易よういはこばれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
暗闇の牛みたいに、のっそり、人影が動いた。雲霧は——ははあ、もう牢番の交代時刻か——卯平うへいがやって来たな、と直感した。
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)