“うへい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
卯平60.0%
右平20.0%
鵜平20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外聞げえぶんさらしやがつて」と卯平うへいおこつたがそれがためこと容易よういはこばれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
暗闇の牛みたいに、のっそり、人影が動いた。雲霧は——ははあ、もう牢番の交代時刻か——卯平うへいがやって来たな、と直感した。
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鹽「あの、其方そなたの親父右平うへいは屋敷に永年奉公をしてくれて、其の悴の其方も屋敷に勤めて居たのだから、家来とは云いながら家来でない、殊にはわしの妹を女房にしているから弟も同様でのう」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
友人の今官一、伊馬鵜平うへいに読んでもらったが、それは、現在のものにくらべて、たいへん素朴な形式で、作中の「僕」という男の独白なぞは全くなかったのである。
川端康成へ (新字新仮名) / 太宰治(著)