塩原多助一代記しおばらたすけいちだいき
序詞 炭売のおのが妻こそ黒からめと。吟ぜし秀句ならなくに。黒き小袖に鉢巻や。其の助六がせりふに云う。遠くは八王寺の炭焼。売炭の歯欠爺。近くは山谷の梅干婆に至る迄。いぬる天保の頃までは。茶呑咄しに残したる。炭売多助が一代記を。拙作ながら枝炭の …
作品に特徴的な語句
わしイ わしい しめえ つかさ いけ そば しさ 如何ぞう えれ わしゃ わりゃ でっけ 退しや じゝい でい わり えら おらア 此処ほけ だち しそ 此処そこ しめ やあらけ しみ いう かけ 出入でへい っかア 母様かゝさん ちゃん くびい すゝみ さむれ ひき 父様とゝさま なか 沢山どっしり あう 打擲ぶちなぐ いゝ 何処どっち でっ 顛倒ぶっくりけえ 出来ぜき 親父おやじい ぶッ あと 打擲ぶちたて 良人あんた めい ゆわ よき これ 沢山えらく ぶつ いゝ えゝ いけ あろ めい たゞ おいら あん かねエ 良人つれあい いぬしゝ なけ へっ たゝ 取付とりつき ぐれえ ぞく 良人あなた いしイ っかあ いき あき なげ 𢌞まわり でけ 筒袖つゝッぽ くわ 容貌みめ 頬被ほうかむ わた 家内うちわ こじ なあ わけ さゝ