“位”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くらい29.3%
くらゐ28.0%
ぐらゐ10.1%
ぐらい9.1%
くれえ4.2%
くら3.6%
3.3%
2.3%
2.0%
ぐら1.6%
ぐれえ1.6%
くれ1.3%
ぐれ1.0%
くれい0.7%
くらえ0.3%
くりや0.3%
くれゐ0.3%
くれゑ0.3%
しき0.3%
クライ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これで勝負はつきました。芦屋道満げられて、御殿からされました。そして阿倍晴明のお弟子になりました。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
さんは、まだらないんでせうかね。貴方今度日曜番町つて御覽なさらなくつて」と注意したがあるが、宗助
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
誰もが知っている通り、春夏秋冬と、松の木手入れに手数のかかる木はい。自然物入もかさむ。全くやっかい至極な放蕩息子だ。
解説 趣味を通じての先生 (新字新仮名) / 額田六福(著)
森「なぜ此のな顔を持っていて、穢ない姿をしているでしょう、二しばりにでも出たらばさそうなものですなア」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼は、背丈は、京一よりも低いいだったが、頑丈で、腕や脚がこぶっていた。肩幅も広かった。きかぬ気で敏捷だった。
まかないの棒 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
第三は、宝暦変の時に、倒幕の先鋒であった竹屋三が、幕府の目をくらまして失踪の後、いつか同家の食客となっていること。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ありますとも、其処が臨機応変、仏教のいわゆる、「」に適する方法に於いて原則を実地に応用しなければなりません。
慈悲 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しながら、白状する。此時代には、研究四かで、三は好奇心であつた。二は弄古的慾心?であつた。一は運動目的であつた。
爪長く、さは七乃至二三いの巨鳥が、天日くなるしくをなして、輕氣球目懸けて、つてたのである。
近頃唐鍬使つからつて仕事つちや一けてつちやあんだつちけが、それ今日くからてたんだつちきや
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
う腹を立っちゃア仕様がねえ、え、おい、だがねえお賤さん、人間が馬の腹掛を着て来るえの恥を明かしてお前さんに頼むのだ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
どうかお台所の隅へでも女房を置いて重湯でも飲ましておいてくれゝば、も膏薬の一貼えは買って来ますから、どうかお預りを願います
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
心配する事アえ、先生。齢ア四十一だべえが、村一番の醜婦巨女だア、加之ハア、酒を飲めば一升も飲むし、甚麽男も手余にする悪酔語堀だで。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
らもんなつてからぢやこれ、するやうなもんだがしきりやいたかんな本當に、こんでもにすんにやゝつとこせえだぞ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そるば、どうしてん、発たずにやをられんて云ふととだるけん、こんあわけんわからん話てあるもんぢやなかと。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「だつて、そのだア。お前さアばか、勝手な真似して、められるはねえだ」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
『ハイ行きますよ。貴方隔てなくして呉れる人アえだもの。』
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
公子 津波、家来どもが些細な事を。さあ、そこへお掛け。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
梁山泊ノ義士 宋江。 大名府、及ビ天下ノ人士ニ告グ 今ヤ、大宋国ニアリテハ濫官ニアリ 汚吏権ニ、良民ヲ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)