“ゐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
57.2%
4.7%
4.7%
4.0%
3.0%
2.7%
2.7%
2.3%
2.0%
2.0%
2.0%
1.7%
1.0%
1.0%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐賀錦紙入から、の、ざく/\と銅貨まじりをつた、岡田夫人八千代さんの紙包みの、こなしのきれいさをでもえてる。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ともはぬ島田がめ今日かしいとぐれのくむもあるべし、のおとても惡魔りにはあるまじ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
けれども、次第畜生横領つて、からちよろりとふ、からめてく……る/\手網網代で、周囲から引奪る。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
石の橋の上には、刈つたが並べて干してあつて、それから墓地の柵までのは、笠のやうな老松が両側からひかゝつた。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
榛軒は友人門弟等をて往いて遊んだ。其時門弟の一人が柏を負うて従つた。一行は茶屋青柳に入つて藝者小房等を呼んで飲んだ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
二十五六より毎日朝夕實行して、七十七今日び、爾來數十年間頭痛れ、健全となり、感冐されたる一度もあらず。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
二十、打手のかかり候はの刻頃と存じ候。お屋敷の表は河北石見預り、裏の御門は稲富伊賀預り、奥は小笠原少斎預りと定まり居り候。
糸女覚え書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
脚下るかとみれば、日光る、身は天外に在が如し。絶頂は一里といふ。莽々たる平蕪高低の所を不見、山の名によぶ苗場といふ所こゝかしこにあり。
朝廷から従四位下弾正少弼に叙任されると、朝恩の厚きに感激し、「我ながらにして、官爵を受く、恐らくは人臣の大義に非ず。に上洛して天恩を拝謝せん」
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
資本に初めし醫者家業傷寒論ねどもなりとて衣服かし馬鹿にて付る藥三寸の匙加減でやつて退たる御醫者樣もう成ては長棒より
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
僧正の遺品だと云はれる経巻が鼠糞せられて居た。僕の長兄も律宗の僧であると告げたら寺僧は無造作に経巻の貝多羅葉数枚を引きちぎつてれた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
なる炎暑蜘蛛は、鄙下蚊帳ぎ、青簾なる黒猫も、兒女掌中のものならず、蚊柱號令して、夕立ばむとす。
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
君達は理窟を云ふが失敬ながら猶だ社会を知つておらんやうだ。先ア僕の説を聞給へ。斯う見えて僕は故郷た時分は秀才と云はれて度々新聞雑誌に投書をして褒美を貰つた事もある。
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
白きの横伏し
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
丁度お絹が殺された日の夕方、あの野郎が腹の減つたやうな大犬をつれて、柳原のあたりを、賣れさうもない熊のを賣つて歩いて居たさうですよ
それも罪三族をすといふ、蒙昧な時代ならばいざ知らず、この昭代でありながら、面会人までも罪人同様に、かくの如く薄汚なく、かくの如く疎雑なる、はたまたかくの如く不待遇極まる建築所に
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
又た義実が自白のに「かくてかの玉梓が。うらみはこゝにらず。八房の犬とかはりて。伏姫をて。深山辺に。隠れて親に物を思はせ。」云々
狂妄ほとんど桓玄司馬倫のに類す、なるかなさずしてに伏するや
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
かくもくべき速力するのは形體と、蒸氣力よりも電氣力よりも數十倍強烈なる動力によるれぬが
貴下海上法則りませんか、たとへ如何があらうとも船員以外れる權利いです、また貴下から其樣報告ける義務いです。
しかし「手紙は山陽がに茶山の塾を去りて京都にせる時書かれたる者」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
豊洲は中年にして与力の職を弟直道に譲り、に授けたと云ふ。墓誌に徴するに、与力を勤むることゝなつてから本郷に住んだ。致仕の後には「下帷郷南授徒」と書してある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
のように、これを日本では發見されないので、あるひは支那から輸入したものだらうといはれますが、支那には、これと品物がありませんので
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
またをまぜるとるのに容易で、しかもくつて丈夫であるといふことも、最初偶然つたらしいのでありますが、幾度かの經驗九分一分をまぜあはすと
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
獨逸等名高國々名所古跡遍歴して、其間すること二十有餘箇月大約千里長途にして、伊太利り、往昔から美術國光譽
船長閣下へ、難破船がある! 難破船がある!』とぶと、此時船長寢臺つてつたが、『んですか。』とばかり澁々起上つていた。はツト
左に雛妓を従へ、猥褻聞くに堪へざるの俚歌を高吟しつつ、傲然として涼棚の上に酣酔したる、かの肥大の如き満村恭平をも記憶す可し。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
斯くして予はかの肥大に似たる満村恭平の如く、車窓の外に往来する燈火の光を見、車蓋の上に蕭々たる夜雨の音を聞きつつ、新富座を去る事遠からずして、予が最期の息を呼吸す可し。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
陽炎は、く、村里町家る、しき蜘蛛れた、幻影のやうなものではく、練絹いたやうで、のふわ/\と呼吸が、なりに飜々がる風情
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
樂人共するであらう、さうせうと被言ったによって。
探るも氣の毒なり一行はながらにして名所を知るの大通なる上露伴子といふ先達あり云立を並べんとする小僧の口を塞ぎ座敷を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
博物館の規模は東京のに比べて小さいが、馬来印度、南洋諸島等の動植物、古噐物、風俗資料の類はなりに豊富で、陳列法も親切に出来て居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
らぬのお八重素振せず我身大事にかけるとてゆるほど心配させし和女れぬなりりながら如何ほどくしてくるゝなるまじきひぞとは漸〻斷念たりにつきて父樣さまへの御願ひあれどなり和女なりにきを
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
草葉えてしまはねばならぬのであるから成敗より豫期いが、出來得けの手段さねばならぬとへたので、して、吾等急難をば
而れどもして熟考すれば之れ最終露宿にして、前日来の露宿中はんどなく、熟睡以て白日のせし為め、探検目的ぐるを得せしめしは、に天恩無量と云つべし
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
の如くにして世界の主、蒼生の君と云ふべきなり。其見小にして、一体一物の理を知らざるは、猶全身して疾痛※痒を覚えざるごとし。百世身を終るまで開悟することはず。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
田のにぬか雨むすぶ蜘蛛ののかがよふ見れば春は来にけり
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
(二〇)へば(二一)し。(二二)らざれば滅亡
先生作る所の小説戯曲随筆等、長短錯落として五百余編。には江戸三百年の風流を呑却して、万変自ら寸心に溢れ、には海東六十州の人情を曲尽して、一息忽ち千載に通ず。
「鏡花全集」目録開口 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
われはに口を開かんとするに臨みて、神の我に光明を與へ給ふを覺えたり。先づヱネチアの配偶なる、威力ある海を敍し、それより海の兒孫なる航海者に及び、性命を一に托する漁者に及べり。
ひながらしもかしき母君でたるに、にしどもして、愁然たる日出雄少年頭髮でつゝ
アガメムノーン總帥の舟のめぐりにるを見る
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)