“船長”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
キャプテン31.6%
せんちょう21.1%
おやじ10.5%
せんちやう10.5%
おやかた5.3%
せんちょ5.3%
マスター5.3%
おとっさん5.3%
ふなおさ5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
欧洲航路の優秀船の船長を勤めていたと云い、相当な蓄財もあるらしく退職後はこうして人里はなれた美しい海岸に邸を構えて
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
へやには、が、かごので、じっとしていました。よくれていて、船長るときました。船長のそばへって
船の破片に残る話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「馬鹿な。何を云うんだ。船長だって何もお前達の気持を踏み付けて、あの小僧を可愛がろうってえ了簡じゃないよ。今にわかるよ」
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
してなる船長ふがき、怨靈とか怪物とかいふ得可からざるではなく、兩燈舷燈
漬物と冷飯だけのひどい夕飯を情なくたべながら、「脱走」ときめた。二日経った夜、高松の港につくと豹一は船員たちと一緒に女を買いに行くのだと船長に五円借りた。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
ジョージ、お前の手蹟かい? まあ、お前はすっかりここにいる船員の中でのになってるんだな。お前は次にゃ船長になれるぜ、きっとだよ。
「いや、こんな場合、うそも方便ですか。釧路丸の船長は、代りの砲手を雇ったんですから、鯨と聞いたら、じッとしてはいませんよ」
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
……おまけに後で船長告訴けてやるから……とか何とかかしやがったんでイヨイヨ助けておけないと思って、首ッ玉をギューッと……まったくなんで……ヘエ……
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
床柱と思う正面には、広い額の真中へ、五寸釘が突刺さって、手足も顔も真蒼に黄色いく、このは、話にある幽霊船船長にそっくり。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)