死の快走船しのかいそうせん
太い引きずるような波鳴りの聞えるうらさびた田舎道を、小一時聞も馬を進ませつづけていた私達の前方には、とうとう岬の、キャプテン深谷邸が見えはじめた。 藍碧の海をへだてて長く突出した緑色の岬の端には、眼の醒めるような一群の白堊館が、折からの日差 …
作品に特徴的な語句
材料データ づかま 真珠まべ 帆布セイル マスト かお 下男あなた ただち 露台テラス いで 帆走セイリング 玄関ポーチ 船首プラウ 前方まえ セイル いじ 舷側ふなべり 船尾スターン 伝言ことづけ すま むつ なぎ 午后ひる 取敢とりあえ そその 大分だいぶん 失敗しま わたし 尖端さき 左様そう 巻葉シガー 帆走はし 平常いつも 怪我あやまち あわれ かか 書架しょだな いばら 横揺ローリング 檣柱マスト 汽船ふね うるお 独身ひとり 眺望ながめ きたな から かけ 義兄にい 蓄財たくわえ 表情かお 退 かたく 風浪かざなみ 主館おもや 乾枯ひから 他所よそ 代赭たいしゃ 何処どこ 何時いつ かし わし 先刻さっき 先端さき かね おか 凝視みつ 凸凹でこぼこ 凸線とつせん 別館はなれ つんざ 危気あぶなげ おのおの インチ フィート 周章あわ つぐ 外部そと 大童おおわらわ よろ へや 寄来よこ やす 小波さざなみ 平常ふだん ひさし 引返ひっかえ こら ドア かす まだら 早川はやかわ