“呎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
フィート82.2%
フイート5.5%
フィイト4.1%
フイイト2.7%
ヒート1.4%
フヒート1.4%
フィト1.4%
フェート1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……見よ、壁に懸けられた怪鳥が、翼をいっぱいに拡げながら今にも襲いかからん姿勢で、眼前二の処に突立っているではないか。
廃灯台の怪鳥 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
Talipot 東印度に産する椰子。幹は五十より百呎の高さに至り、葉は傘、扇、帽等に用ひらる。七十年に一度花を開く。……
或阿呆の一生 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「それは小杉さんの来られた時はまだ水が少かったのでしょう。漢口あたりの水面の高低は、夏冬に四十五六も違いますよ。」
長江游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その岩は黒く光る柘榴石である。それが底の方に幾つともなくがつてゐる岩の群を抜いて、大約一万五千乃至一万六千呎位真直に立つてゐるのである。
うづしほ (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
秘密さゞる範圍内略言すると、海底戰鬪艇全艇さ百三十幅員中部横斷面て二十二は、南印度蠻人が、一撃巨象
んや海底戰鬪艇は、波威沈降する三十乃至五十潜行持續時間無制限であるから、一度軍艇睥睨まれたる軍艦
僅か二前に見えている槓杆を握りさえすればいいのだ。しかしおれにはそれだけの簡単な動作も出来やしない。じっとして災難を見ていなければならぬ。それが死より百倍も辛いことだ。
あの直径二、全長二百何十という、大一番の鋼鉄円棒だ。重さなんかドレ位あるか、考えたってわかるもんじゃない。実際、傍へ寄ってみたまえ。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)