“侵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おか83.3%
をか8.3%
3.3%
しん3.3%
ヲカ1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここへ来るまでに、して旅行をした宇平は留飲疝通に悩み、文吉も下痢して、食事が進まぬので、湯町で五十日の間保養した。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
敵國して、邦内騷動し、士卒(一七)暴露す。ねてんぜず、うてしとせず。百かる。
衰えは春野焼く火と小さき胸をかして、は衣に堪えぬ玉骨寸々に削る。今までは長き命とのみ思えり。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
には越後の諸勝さんと思ひしが、越地に入しして穀価貴踊し人心ならず、ゆゑに越地をことに十が一なり。しかれども旅中に於て耳目にせし事をて此書に増修す。
ヨリ源平両家、ヘテ、平氏世ヲ乱ストキハ、源氏コレヲメ、源氏世ヲス日ハ、平家コレヲ
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)