“をか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヲカ
語句割合
可笑53.5%
8.4%
5.8%
5.5%
可怪5.2%
4.9%
4.9%
2.9%
0.9%
笑止0.9%
0.9%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
丘陵0.3%
山上0.3%
ヶ岡0.3%
0.3%
可訝0.3%
0.3%
砂丘0.3%
0.3%
陸地0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薔薇の花、可笑しな罪の恥と赤面の色の薔薇の花、おまへの上衣を、ひとがみくちやにした、僞善の花よ、無言の花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
商船会社の志望者といつても、もとは大抵胡瓜馬鈴薯と同じやうにの上で生れたので、それ/″\自分の故郷といふのをつてゐる。
激しい苦惱を、自分の胸一つに疊んだ、いぢらしくも健氣な姿——嫁のお信には、さう言つたし難い美しさがあつたのです。
またそのいところと、四角なところとのつなぎめのところの兩側に、さいがついてゐることがあります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
それにしてもあれ程凄まじかつた伝来の流行が、今はもう全くの昔の夢になつたのかと思ふと若い私は可怪しな気がする。
鱗雲 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
日本では明治維新森林をむやみにつた結果方々洪水され、明治二十九年度には二萬九百八十一町村といふものがにつかり
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
見わたすの若葉のかげ暗う、過ぎゆきけんかげも見えぬなん、いと口惜しうもゆかしうも身にしみてながめられき。
すゞろごと (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
課長は無論唯若い看護婦にけたと云ふだけで揶揄つたので、實際又醫者や藥劑師や他の看護婦の居た前でけたのだから、何もしい事が無い。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
受取て親父樣無事でと打分れ江戸の方へぞ急ぎける斯て九郎兵衞は二人のを切落し傍邊に小高きの有しかば小松の根をめ又死骸の傍邊へは彼盜し紙入
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
/\自惚れて嬢様へは勿論、旦那や夫人の御機嫌を伺つて十分及第する気でゐるのが笑止しいよ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
ここまで来る途中で、先生が寒からうと云つて、瀬田は自分の着てゐた羽織をいで平八郎にねさせたので、誰よりも強く寒さにされたものだらう。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
そが奥津城どころに到りて「おくり火」焚くなりと教へられし一夜をわれは牧島村長の小高きの上の家に宿りたりし。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
下人は、既に、して、京都の町へ強盗を働きに急いでゐた。
羅生門 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
彼は種なきにかの高きに生ずる色をなほも己が手をもて摘みつゝ、右の岸に微笑みゐたり 六七—六九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
虹の背後が青く暗くてしいし
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
ところがしいこともあればあるもので、将門の方で貞盛を悪く思ふとか悪くするとかならば、媢嫉猜忌の念、俗にいふ「やつかみ」で自然に然様いふ事も有りさうに思へるが
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
申立けるこそしけれ扨さしも種々樣々れし公事成りしが今日の一度にて取調べに相成口書の一までに及びけり嗚呼善惡應報るしきはへるの如しと先哲言葉なる村井長庵は三州藤川在岩井村に生立幼年の頃より心底く成長するに惡行増長して友達の勘次郎と云者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鐵車よく進行めると、櫻木大佐をはじめ三十餘名水兵歡呼げて、十數町吾等首途見送つてれたが、に、ある丘陵げ、吾等へ、彼等西
猛狒大奮鬪塲所からそ七八んだとえるた。それから、丘陵二つえ、一筋清流り、薄暗大深林ぎ、眼界くる大佐めた。
第三句、「山上」は代匠記に「みね」とも訓んだ。もう夜が明けたといって夜烏が鳴くけれど、岡の木立は未だひっそりとして居る、というのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
夜烏鳴けどこの山上木末はいまだ静けし 〔巻七・一二六三〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
店借住居は、船越街道よりにだら/\のぼりのにあれば、ヶ岡といふべくや。
逗子だより (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
これからはいよ/\おどの大役なり、前門後門にもにもらしき、あたら美玉をつけふは
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
出嫌ひな母にしては変でもあるし、身体の弱つて来たことを考へれば可訝しいと云ふ気がした。
鳥羽家の子供 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
譬へば千尋の海底に波起りて、雲霄さんとする如し。我筆いかでか此聲を畫くに足らん。あはれ此聲、人の胸より出づとは思はれず。く形あるものにへて言はんか。
我等高き上縁、山の腰のひらけしところにいたれるとき、我いふ。わが師よ、我等いづれの路をえらばむ。 三四—三六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
わが多端にして光あふるゝ未來の陸地へとわたしはよろめき押しだされた。
展望 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)