“鬼殻焼”の読み方と例文
読み方割合
おにがらやき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……えゝ、も、結核は、喉頭から、もうにはまでもしてたんださうですが。鬼殻焼……意気なだけうも悲惨です。は、はア。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いくら美味でも甲羅つきではどうする事も出来ん。海老鬼殻焼はあるが亀の子の甲羅煮は今でさえないくらいだから、当時は無論なかったに極っている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ところがお侍様、お祭中はいきの好い魚が仕入れてございます。の煮付、ならば洗いにでも出来まする。そのほか海鰻の蒲焼に黒鯛の塩焼、鬼殻焼
怪異暗闇祭 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)