“鰕”の読み方と例文
読み方割合
えび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
到る所に椰子の実が落ち、或るものは腐り、或るものは三尺も芽を出している。道傍の水溜にはの泳いでいるのが見える。
「いや。これを持って行かれては大変。」富田はのようになった手で徳利を押えた。そして主人にこう云った。
独身 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ここでは注連飾りが町家のごとに立てられて、通りのには年の暮れの市が立った。注連昆布などが行き通う人々のにあざやかに見える。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)