“鱧”の読み方と例文
読み方割合
はも100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは、自分が晩酌の肴にしようと思って、しまって置いたはもの皮に気がついたのである。この鱧の皮は、既に焼いたものであった。
にらみ鯛 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
南国のピカピカ光る海の話やはも漁の模様などを図解入りで話してゐたが、縁談のことには頭から足の爪まで無関心の様子であつた。
蒼茫夢 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
「またはもを食わせるな。毎日鱧ばかり食って腹の中が小骨だらけだ。京都と云う所は実にな所だ。もういい加減に帰ろうじゃないか」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)