“鍋焼”のいろいろな読み方と例文
旧字:鍋燒
読み方割合
なべやき75.0%
なべや25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鍋焼を一つ頼んだ。熱い土鍋を両手ではさんで、かまぼこだの、ほうれん草だの、椎茸だのを一つ一つしみに喰べた。
貸家探し (新字新仮名) / 林芙美子(著)
さういふ処を何かの拍子で歩いてゐると、「鍋焼だとか「火事」だとかいふ俳句の季題を思ひ出す。
一番気乗のする時 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
鍋焼饂飩の熱いのをフウフウ吹いて食べ終ると、今夜の客はどうだったの、目明しがどうしたのと、お蝶には意味の分らない会話がベチャクチャ交わされていましたが、そのうちにべつの部屋で
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)