“椎茸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しいたけ81.6%
しひたけ18.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
烏賊椎茸牛蒡、凍り豆腐ぐらいを煮〆にしておに盛るぐらいのもの。別に山独活のぬた。それに山家らしい干瓢味噌汁
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
鍋焼を一つ頼んだ。熱い土鍋を両手ではさんで、かまぼこだの、ほうれん草だの、椎茸だのを一つ一つしみに喰べた。
貸家探し (新字新仮名) / 林芙美子(著)
里見弴君などは皮造りの刺身にしたらば、きつと、うまいのに違ひない。菊池君も、あの鼻などを椎茸一緒てくへば、ぎつてゐて、うまいだらう。
食物として (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
もどきツて、ほら、種々なものがつた油揚があらあ、銀杏だの、椎茸だの、あれだ、あのへ、え、れてぜツこにするてえことあ不可ねえのかなあ。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)